ジョブサロン北海道、再就職に向け真剣に、函館で中高年男女が相談

(2011年9月22日、北海道新聞)

中高年の再就職を支援する「ジョブサロン北海道」の相談会が2011年9月20~21日、函館市新川町の函館パークホテルで初めて開かれた。

サロンは北海道の事業として2010年6月に札幌市内に開設され、運営は民間委託している。専属のキャリアカウンセラーがおおむね35歳以上の登録者の就職相談に継続的に無料で応じ、求職者に適した就職先を考えたり、面接のコツなどを教える。

2011年8月からは北海道内の地方都市にカウンセラーが出張し、相談会を開いている。

9月20、21の両日は、一般事務や営業職などを希望する函館市内の男女十数人が訪れた。「採用試験に受からず、自信をなくした」などの悩みを相談。今後の就職活動について、1人当たり30分から1時間かけ話し合った。

相談会は、10月11~12日、19~20日、11月1~2日、24~25日にも函館パークホテルで開かれる。

事前予約制。問い合わせはジョブサロン。

ジョブサロン:中高年の就職支援--札幌に2010年6月2日開設 /北海道

(2010年5月28日、毎日新聞)

リストラをされると再就職が難しい中高年を対象に、就職活動を支援する「ジョブサロン北海道」が2010年6月2日、札幌市内に開設される。札幌市が同様の施策を実施しているが、北海道としては初めての取り組みとなる。

北海道労働局によると、北海道内では3月の求職者(約13万人)のうち40歳以上が48%を占める。失業者のうちリストラされた人は、29歳以下では32%だが、45歳以上になると55%に達し、雇用環境は厳しさを増す。さらに中高年者は家庭の生計を支え再就職の緊急性も高いことからジョブサロンの設置が決まった。

対象はおおむね35歳以上。支援内容は、適職診断▽面接やコミュニケーション能力向上の指導▽国や北海道などの支援施策の紹介――。北海道雇用労政課は「異業種も含めて就職を考えてもらえるよう、腰を据えて相談に応じたい」とPRする。

ジョブサロン北海道は札幌市中央区北4西5の三井生命札幌共同ビル6階。平日の午前9時(初日は午前10時)~午後6時。利用には会員登録が必要で、相談は無料。開設当初は予約は必要ない。

中高年の就職「ジョブサロン」が応援 北海道、2010年6月2日札幌に開設 /北海道

2010年5月12日、朝日新聞

長引く不況で厳しさを増す中高年の再就職を支援するため、北海道は2010年6月2日に「ジョブサロン北海道」(札幌市)を開設する。扶養家族のいる35歳以上の人を想定し、適職診断や就職支援の専門カウンセラーによる指導・助言などを行う。北海道の担当者は「家計を支える立場にある中高年の求職者の実情に応じたサポートをしたい」と話している。

ジョブサロン北海道は、札幌市中央区北4西5の三井生命札幌共同ビル6階に開設。月曜から金曜の午前9時から午後6時まで、カウンセラー2人と補助員1人が面接のコツなどの助言をしたり、国や北海道などの再就職支援メニューを紹介したりする。

北海道内でも中高年の再就職を取り巻く状況は深刻だ。北海道労働局がまとめた3月の雇用失業情勢では、北海道内の35歳以上の求職者は7万9251人で求職者全体の6割に達した。年齢が高くなるにつれて、解雇など経営者側の都合によって離職する割合が高まり、45歳以上では離職者の54.8%を占めた。

三井生命札幌共同ビル内にはハローワークなどの就職支援機関もあり、北海道の担当者は「関係機関が連携しやすく、相乗効果が発揮できる」と話している。